北野界隈トップ > 名所旧跡

五番町

前のページ   次のページ

五番町は、昔北新地ともいわれ、聚楽第造営のときできた御茶屋でした。

ここに御茶屋が出来たのは享保年間(1716〜1736)で、上七軒の出店という名義で作られ、北野や、愛宕に参詣する人たちを対象にしていましたが、やがて徐々に発展して西陣の職工などの遊興の場所になりました。

戦後の最盛期には100軒の御茶屋があり、300人近い娼婦がいましたが、昭和33年の売春防止法の施行に伴いその姿は消えました。

今は 五番町遊郭も往年の面影はみるかげもなく、2階に手摺りの有る家が何軒か残るだけです。このあたりが昭和33年に、水上勉の原作で映画「五番町夕霧楼」の舞台になった場所です。

水上氏は随筆の中で、

「自分の青春は五番町と共にあった」

と記されています。

前のページ   次のページ

神社仏閣

名所旧跡

年中行事

施設

学校

[ 管理 ]