文子天満宮

道真の霊は多治比文子(たじひのあやこ)という女性の前に現れ、自分がかって遊んだ思い出の地、右近の馬場に祠を築くようお告げがあり文子はとりあえず瑞垣を作って道真の霊を慰めた。これが北野社(北野天満宮)の起源となりました。

※画像の二次使用は固くお断りします。