現在の上七軒

文安元年(1444)室町幕府十代将軍足利義植が一部焼失した北野社殿を所司代細川勝元に命じて社殿造営、その際修築の残材を使って東門前の松原に七軒の茶屋を作ったのが「上七軒」の由来。

※画像の二次使用は固くお断りします。